<動意株・24日>(大引け)=KLab、アイフル、MDMなど

 KLab<3656.T>=一時ストップ高。引き続き18日に発表した、5月単月業績での営業損益黒字化が手掛かりのようだが、この日はむしろ、主力輸出株を中心に全般市場がさえない中にあって、値動きの軽さに注目した買いが入ったようだ。5月業績の営業黒字化は4月に提供を開始した「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」や、グループ子会社が提供する「幽☆遊☆白書―魔界統一最強バトル―」などの新作のヒットが牽引。この日のストップ高で、5月8日につけた年初来高値930円更新も意識されている。

 アイフル<8515.T>=大幅高。個人投資家を中心とした短期資金を軸に引き続きボラティリティの高い展開が続いている。長期金利は0.8%台で高止まりしており、特段買い材料と呼べるものは見当たらないが、全体相場が先物主導で今一つ主力株への実需買いが入りにくい地合いで、同社株のような調整の深かった銘柄に短期リバウンド狙いの買いが入っている。

 日本エム・ディ・エム<7600.T>=後場急騰。午後1時15分頃に、米国子会社オーソデベロップメント社製造の脊椎固定器具「Pagoda スパイナルシステム」が薬事承認を取得したと発表した。同製品は脊椎の胸腰椎部に生じる椎体骨折および変性疾患(脊柱管狭窄症、変性側弯症、腰椎すべり症、腰椎分離症など)に使用する製品。既に販売している「Vusion OS インターボディ Cage」などの脊椎固定器具製品とのシナジーが期待でき、会社側も「14年3月期の業績に寄与する予定」と期待は大きい。

 C&Gシステムズ<6633.OS>=ストップ高。金型SIに力を入れていることから3Dプリンター関連銘柄の一角として人気を集めており、アジアを中心にした海外戦略による収益拡大への期待も強い。19日から委託保証金率を現在の30%以上から50%以上とする信用規制がかかっているが、むしろ過熱感を冷ますかたちになっており、3日ぶりに年初来高値を更新している。

 一休<2450.T>=急反発。富士山が世界文化遺産に正式登録となったことを受けてネット上で宿泊予約サービス「一休.com」運営する同社も富士山への観光客増加期待で関心を集めている。「一休.com」上では「眺望特集 富士山が見える部屋」を展開しており、積極的にキャンペーンを実施している。

 ライト工業<1926.T>=続伸。地盤改良など特殊土木に強みを持ち、復興関連の手持ち工事を多く抱えていることから、今3月期は増収増益基調を堅持する見通し。自己資本比率が54.5%と建設セクターの中で秀でた好財務体質も評価材料となる。株価は4月2日に長い下ヒゲで底値確認、そこからの切り返しは特筆される強さといってよい。新値圏にあることで戻り売り圧力は限定的であり、一段の上値が期待できるとの見方も強い。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)