川崎重工が世界で初めてサスペンション機能持つ次世代鉄道車両台車を開発

 川崎重工業<7012.T>は24日、世界で初めてサスペンション機能を持つ次世代の鉄道車両台車を開発したと発表した。従来の鋼製台車フレームの主構造替えCFRPを採用、台車フレームにサスペンション機能を持たせることでコイルバネを不要にしており、台車の軽量化と構造の簡素化を実現。台車フレームの重量を従来比で約40%削減し、1両あたり約900キログラムの軽量化が可能で、走行燃費向上などのランニングコスト低減とCO2排出量の削減に貢献する。実用化に先駆けてアメリカ鉄道協会運輸技術センターで約4500キロの走行試験を実施、基本性能と走行安全性能を確認しており、乗り心地の向上に加え、線路不整による輪重抜けを従来の半分以下に抑え、脱線に対する安全性の大幅な向上も証明している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)