シャープが1500億円のシンジケートローン契約、国内CBの償還資金に充当

 シャープ<6753.T>は24日、1500億円を上限とする新規シンジケートローンの契約を締結すると発表した。同シンジケートローン資金は今年9月末に満期を迎える2000億円の国内転換社債(CB)型新株予約権付社債の償還資金に充てる。また、3600億円の既存シンジケートローンの契約も継続する。契約期間はともに2016年3月31日までで、みずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行が取りまとめ役のアレンジャー兼エージェントを務めている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)