住友鉱は4日続落、中国景気減速懸念で金需要減少を警戒

 住友金属鉱山<5713.T>は4日続落。24日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は中心限月の8月物が前週末比14.9ドル安の1トロイオンス1277.10ドルに下落。金市況に連動しやすい同社株に売り物が先行している。特に、中国株安が続いており、同国の景気減速が強まれば金需要の減少につながるとの観測が浮上している。また、ドルが強含むなか、金価格はドルと逆の値動きとなる傾向があることも金の売り材料となっている。

住友鉱の株価は9時49分現在1106円(▼26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)