野村マイクロが反発、発行済み3.3%相当の自社株取得を材料視

 野村マイクロ・サイエンス<6254.OS>が小口買いに反発。同社は24日、発行済み株式総数の3.3%に相当する30万株、1億2000万円を上限とする自社株取得枠の設定を発表、きょう午前の立会外取引で取得する方針で、これが株価の支援材料として意識されている。同社は半導体装置メーカー向けを中心に超純水装置の製造を手掛けているが、PBRは0.5倍台と非常に割安感が強い。ただ、流動性の乏しさから機関投資家などの買いが入りにくい弱みがある。

野村マイクロの株価は9時43分現在417円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)