京セラが反発、太陽光発電システム受注増で業績上振れ観測

 京セラ<6971.T>が反発。株価は一時、前日比220円高い9840円まで買われている。太陽光発電システムの受注増で、足もとの業績は上振れが観測されており、押し目買い意欲が強まっている。24日に鹿児島七ツ島メガソーラー発電所を運営する鹿児島メガソーラー発電が発電所敷地内に一般向け太陽光発電見学施設を建設すると発表したことも支援材料のひとつに。鹿児島メガソーラー発電には同社やKDDI<9433.T>、IHI<7013.T>が出資しており、見学施設建設は太陽光発電の認知を高め、再生可能エネルギーの普及を促進することが狙い。

京セラの株価は11時25分現在9770円(△150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)