海運株が業種別値上がりトップ、バルチック指数が13日続伸

 商船三井<9104.T>、日本郵船<9101.T>など海運株が高い。海運株は業種別騰落率で東証33業種中トップとなっている。ここ中国経済の変調が取り沙汰されているが、中国の需要が大きく影響するとみられるバルチック海運指数は戻り歩調に陰りなく、前日時点で13日続伸、12年12月3日以来の高水準となる1062まで戻している。これを受けて海運株への買いが厚みを帯びている。

商船三井の株価は11時22分現在395円(△13円)
日本郵船の株価は11時22分現在266円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)