ユーグレナが後場ストップ高、1対5の株式分割好感

 ユーグレナ<2931.T>が後場に入り集中人気、カイ気配で株価水準を切り上げ、寄り後も一段高でストップ高となった。きょう前引け終了後に9月末の株主を対象に1株を5株にする株式分割を発表、これを好感する買いが集中した。同社は昨年12月に東証マザーズに上場、ミドリムシを活用した健康食品の製造販売やバイオ燃料の研究開発を手掛け、公開価格の2.3倍となる3900円で初値をつけた後も人気が継続、今年5月1日には1万6510円の高値をつける場面もあった。この時は3月期末株主を対象に1株を5株にする株式分割を発表したことが上昇加速の契機となったが、今回もその時のパターンを踏襲するとの思惑が投機資金を強烈に誘導している。

ユーグレナの株価は13時6分現在7670円(△770円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)