大手不動産株は安い、世界的な株安で利食い先行も

 三井不動産<8801.T>や三菱地所<8802.T>など大手不動産株は安い。中国・上海総合指数が下げ止まらずアジア株が軒並み安となっているほか、前日のNYダウや欧州株式市場も値を下げるなど世界株安の様相が強まるなか、不動産株には利食い売りの動きが出ているようだ。米国長期金利が一時2.6%台に乗せ、日本の債券市場でも金利上昇の動きが出るなか、不動産株には手掛けにくさが強まっている。

三井不の株価は13時30分現在2502円(▼69円)
菱地所の株価は13時31分現在2257円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)