日本電産が逆行高、SMBC日興では上方修正の可能性を指摘

 日本電産<6594.OS>が逆行高。SMBC日興証券では24日付で電子部品セクターの4~6月期決算プレビューを発表しており、同社については会社計画比の進捗率が高めと評価。同社主力商品のHDDモーターの生産台数の在庫調整は1~3月期に終了したとみられ、HDD生産台数を上回って回復していることや、自動車向けモーターの数量は拡大傾向が続くものの、収益貢献はしばらく先になることなどから、同事業の営業利益は、HDDメーカーの在庫調整の規模にもよるが、153億円程度となると同証券では予想。上期営業利益計画は300億円で、7~9月期にはHDDの生産数量が4~6月期比で増加するとみられることから、場合によっては4~6月期の過達分を上方修正する可能性があると指摘している。

日本電産の株価は14時46分現在6730円(△210円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)