ユニオンツールが5月中間期業績見込みを上方修正、新製品投入効果で収益上振れ

 ユニオンツール<6278.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(12~5月)連結業績について、従来予想の売上高82億8700万円、経常利益5億800万円を上回り、売上高85億円(前年同期比3.8%増)、経常利益11億3500万円(同84.3%増)になりそうだとの上方修正を発表した。昨年後半からの円安進行に加えて、効率重視のユーザー向けや新分野開拓の新製品に対する高評価、さらに原価低減効果などが寄与し収益を押し上げたとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)