東急不がビクターの空間音響デザインソリューションを業界で初導入

 東急不動産<8815.T>はこの日、JVCケンウッド<6632.T>のビクターエンタテインメントとコラボレーションし、分譲マンション「BRANZ(ブランズ)」に同社のハイレゾリューション・サウンド・システムによるSpace Sound Design Solution「KooNe(クーネ)」を導入することを発表した。
 「KooNe」は、豊かな自然音(森、川、海等の音)を再現するハイレゾリューションと呼ばれる超高音質・広帯域のクオリティのサウンドと、より自然に音が耳に届く間接音響空間を構築することで聴覚を中心とした「居心地の良い空間」を創造する空間音響デザインソリューション。「KooNe」を導入することで超高音質な音に包まれ聴覚環境が整備されることで、高いリラックス効果が期待できる。同システムの分譲マンションへの導入は、業界でも初めての試みとなる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)