◎欧米外為サマリー

 25日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=97円75~85銭と、前日に比べて10銭の円安・ドル高で取引を終えた。対ユーロでは、1ユーロ=128円00~10銭と、前日比15銭の円高・ユーロ安で取引を終了した。
 ドルが主要通貨に対し5営業日連続で上昇した。事前予想を上回る米経済指標の発表が相次いだことで米景気回復をめぐる楽観論が強まり、FRB(米連邦準備制度理事会)が金融緩和策を縮小するとの観測が高まった。
 25日に発表された5月の米耐久財新規受注は前月比3.6%増と予想を上回り、4月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は、主要20都市圏の指数の前年比上昇率が7年ぶりの高い伸びを示すなど、市場予想を上回る経済指標が目立った。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)