ドル円は小動き

マーケットコンディション
昨日は、97.73円からスタートし、日本時間夕方に、上海株の下落から96.96円
を付けるが買い戻され、98円から97円の狭いレンジでの動きとなった。
ドル円は小動き
日経平均やNYダウ平均に連動しているドル円だが、ここにきて
上海株の下落が気になるところである。
中国バブル崩壊との見方もあるが、日経平均等に影響が出ると
ドル円上昇の足を引っ張る可能性もある。
ドル円のセンチメントが、弱気であれば敏感に反応すると思われるが
現時点、過度には反応していない様である。
☆戦略
買い継続

参院選までは、多少のブレはあっても上昇傾向を維持させると予測。

ポイントレベル

100.53(6月の始値)
99.93(103.73-93.79:0.918%)
99.27(6/10の高値)
98.76(103.73-93.79:0.500%)
------------------------------------------------------- 
97.00
92.20(6/20の安値)
95.00
94.44(6/18の安値)
93.56(77.115-103.73の38.2%戻し)
92.56(4/2の安値)
90.42(77.115-103.73の50.0%戻し)

注)本日の予想は6月26日9:40に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。