菱地所は堅調、丸三証は投資判断を「買い」に設定

 三菱地所<8802.T>が堅調。丸三証券は25日付のリポートで投資判断「買い」、目標株価を3400円に据え置いた。
 リポートでは「東京都心部のオフィスビル市場は12年半ばをピークに改善傾向が続いていて、この背景は、賃料水準が大きく調整された都心優良物件に割安感が生じ、これまで分散していたオフィスを集約したいテナントの増床ニーズが強まったことなどがあげられる。17年度までの竣工を目指し3つの大型プロジェクトが進行中で、このほか東京駅日本橋口至近の「常盤橋地区再開発」(16年以降の着工)計画が続く。優良エリアで高い競争力を誇る最新鋭の大型ビルが次々に誕生しており、収益基盤はさらに堅固なものとなる」としている。

菱地所の株価は10時1分現在2328円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)