ツガミが急騰、アベノミクス恩恵に期待

 ツガミ<6101.T>が急騰。一時前日比10.5%高の578円まで買われる場面があった。仕手系色の強い物色資金が市場を巡る中で、市場関係者の間では同社株にも日本カーバイド<4064.T>などと同系資金の流入観測が根強い。もっとも収益回復への期待も買いの根拠になっている。成長戦略の一環として投資減税に前向きな姿勢にあるアベノミクス効果の発現や、為替の円安基調などもあって、日本の工作機械メーカーの事業機会は着実に拡大傾向にある。同社もスマートフォン向けに強みとする自動旋盤の需要増勢が続いている。JPモルガン証券が同社株の投資判断を「ニュートラル」から最上位の「オーバーウエート」に引き上げ、目標株価630円に設定との観測も出ており、上げ足に弾みがついている状況だ。

ツガミの株価は11時4分現在564円(△41円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)