東芝がしっかり、海外原発受注に期待高まる

 東芝<6502.T>がしっかり。26日付の日本経済新聞が「原発設備は現行計画通り17年度に売上高1兆円に引き上げるために東欧などで大型受注を狙う」と報じたことが好感されている。前日に開催した株主総会でも佐々木則夫社長(総会後、副会長に就任)がフィンランド・カタイネン首相と原子炉のトップセールスを進めていることを明らかにし、今後は中東産油国が有力な輸出先になるとの見方を示したようで、海外原発受注へ期待が高まった。

東芝の株価は11時30分現在460円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)