◎26日前場の主要ヘッドライン

・ソフトバンクカイ気配スタート、米スプリント買収に成功
・フイルコンが急反発、5月中間期業績見込みを上方修正で
・メディクリがS高カイ気配、ブラザー子会社によるTOB発表でTOB価格を意識
・メディネットなどリプロセル関連は大幅安、目先材料出尽くし感
・サイボウズが大幅反発、下方修正発表も自社株取得枠の設定を好感
・任天堂が反発、「Wii U」の巻き返し期待継続
・アクロディアがS高、カカオトーク向けアプリの拡充を評価
・ツガミが急騰、アベノミクス恩恵に期待
・ジェイグループが急落、公募・売り出し価格下回り見切り売りも
・KLabが続急伸、MSとの連携を引き続き材料視

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)