協和キリンが3日続落、シティ証が投資判断を引き下げ

 協和発酵キリン<4151.T>が3日続落。この日は、シティ証券が投資判断を「1」から「2」とし、目標株価を1200円から1100円に引き下げている。第1四半期にみられた腎性貧血治療剤「ネスプ」の出荷ベースの未達を花粉症関連製品売上の過達でカバーできないと予想されることから、13年12月期の営業利益予想を564億円から544億7000万円に減額し、会社予想の550億円比で未達となると予想。また、VEGFR阻害薬「チボザニブ」が米FDAで承認されなかったことを受けて、同剤の海外開発が事実上停止する方向となったため同剤の予想を業績予想から削除しており、これらの影響から投資判断と目標株価を引き下げたとしている。

協和キリンの株価は12時49分現在1038円(▼65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)