<後場の注目銘柄>=太平洋セメ、政策恩恵で浮上本番へ

 太平洋セメント<5233.T>は政策関連の有望株として改めてマークしたい。7月下旬の参院選通過後に安倍政権の基盤強化が予想され、「国土強靭化」などのアベノミクス本格始動により同社の収益環境に吹く追い風は一段と強まる。

 既に国内は復興需要を背景にセメント販売が好調、米国向けも復調の兆しにあり、今3月期経常利益は会社側見込みの400億円(前期比22.4%増)を大幅に上回る可能性が指摘されている。

 6月7日に265円で目先の底値を確認した後は順調に戻り足を強めてきたが、直近25日移動平均線を足場に上放れ本番の様相。5月の年初来高値336円払拭から中勢400円指向の強調相場が継続しよう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)