竹内製が安い、円高傾向の為替相場を嫌気

 竹内製作所<6432.OS>が安い。後場に入り下げ幅を拡大し、一時前日比124円安の1610円まで売り込まれた。同社は小型建機メーカーで国内生産の9割以上を海外輸出するため、為替の動向に敏感。朝方は1ドル=98円台前半と円安傾向にあったため買い先行で始まったが、その後は1ドル=97円台後半、対ユーロでも1ユーロ127円台後半と円が買われる流れとなっており、これを嫌気した売りがかさむ展開となった。

竹内製の株価は13時52分現在1630円(▼104円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)