川口化が13年11月期業績予想を下方修正、原材料輸入価格の上昇などで

 川口化学工業<4361.T>がこの日の取引終了後、13年11月期の連結業績見通しを、従来予想の売上高64億円(前期比6.3%減)はそのままに、経常利益を1億円から5000万円(同62.4%減)に下方修正した。自動車業界の減産の影響や、樹脂薬・中間体における一部品目の受注の減少、さらに原材料のベンゼン、ナフサ価格の上昇と円安の進行による原材料輸入価格の上昇などが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)