【売り】住友大阪セメント (5232) 第1四半期は例年業績進捗率が低く、株価は上がりにくい傾向 = フェアトレード 西村 剛

第1四半期は例年業績進捗率が低く、株価は上がりにくい傾向
■注目銘柄
住友大阪セメント (5232)

■注目理由
同社は、セメント国内シェア3位。売上の大半が国内であることも特徴である。同社の売上の大半がセメントであるため、工事が集中する下期に収益を大きく計上する傾向がある。そのため、セメントの需要が比較的少ない第1四半期の業績進捗率は、例年低く推移することが多い。第1四半期の決算発表を例年8月上旬に控えているが、業績進捗率が第1四半期は低い可能性が高く、決算発表前後は積極的な買いが入りにくい展開が予想される。過去のデータでも、7月の売り勝率は86.3%となっており、下がりやすい傾向が確認できる。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:86.36%
平均損益(率):4.7%
平均利益(率):6.86%
平均損失(率):-7.42%
--------------------------------------