27日の株式相場見通し=日経平均は4日ぶり反発へ、中国懸念で上値重い展開

 27日の東京株式市場は、前日の欧米株式市場の上昇に加え、外国為替市場での円相場が1ドル=97円台後半での小幅な値動きとなっていることから、日経平均株価は4日ぶりの反発が予想される。26日の米国株式市場は続伸。NYダウ平均株価は、前日比149ドル高の1万4910ドルとなった。
 ただ、中国市場に対する警戒感や、東証マザーズ市場など新興市場の軟調継続がは予想され、全般上値の重い展開が予想される。
 日程面では、4月の全産業活動指数、5月の建設機械出荷額、5月のセメント国内販売量、株主総会集中日に注目。海外では、EU首脳会議(~28日)、米5月の個人消費支出、韓国朴大統領が訪中(~30日)が焦点になる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)