ドル円は一服

マーケットコンディション
昨日は、ハイローで98.24円・97.23円と約1.00円の変動はあったが
97円後半を中心としたレンジ相場で推移した。
レンジブレイクの兆しも無く、方向感のない動きで終始。
ドル円は一服感
今週末で月末となり、週足・月足の終値が決まる。
今のところ、注目するイベントもなく、相場は一服
といった感じである。
月明けには、雇用統計など恒例のイベントがあるが、
やはり注目は21日の参議院選である。どちらに転んでも
激しい変動が予想される。その前の一休みか・・

☆戦略
買い継続

昨日は、ほぼ動きなし、穏やかな週末(月末)を向かえそうである。
週末を向かえ、無理なトレードは禁物。

ポイントレベル

100.53(6月の始値)
99.93(103.73-93.79:0.918%)
99.27(6/10の高値)
98.76(103.73-93.79:0.500%)
------------------------------------------------------- 
97.00
92.20(6/20の安値)
95.00
94.44(6/18の安値)
93.56(77.115-103.73の38.2%戻し)
92.56(4/2の安値)
90.42(77.115-103.73の50.0%戻し)

注)本日の予想は6月27日9:25に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。