アイフリークがS安、大証が監理銘柄(確認中)に指定で

 アイフリークホールディングス<3845.OS>がストップ安ウリ気配。大阪証券取引所が6月27日付で同社を監理銘柄(確認中)に指定したと発表したことを嫌気。アイフリークが、監査法人から海外子会社において不明瞭な取引があるとの指摘があり、13年3月期の有価証券報告書を金融商品取引法で定める提出期限の7月1日までに提出できない見込みになったと発表したため。アイフリークではこれに関して、「現在、調査を行っている」としており、13年3月期の有価証券報告書についても「7月31日までに提出する予定」としている。なお、提出期間の経過後1カ月以内までに提出できなかった場合には、上場廃止基準に該当することになる。

アイフリークの株価は9時56分現在7900円(▼1500円)ウリ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)