<前場の注目銘柄>=イノテック、半導体テスター引き合い強まる

 イノテック<9880.T>は5月21日に年初来高値533円をつけた後の調整局面にあるが、400円台前半の時価水準は底値到達感が強い。リバウンド狙いで臨みたい。

 13年3月期は大幅減益を余儀なくされたが、足もとは収益回復に向けた動きが各分野で活発化しつつある。コア事業の一つである半導体テスターは顧客企業に投資復活の動きがあり引き合いが強まっていることに加えて、これまでのフラッシュメモリー以外にイメージセンサー向け新製品のリリースなども予定されている。

 また、EDA(半導体自動設計支援ソフト)やデバイスでも成長に向けた施策が進展しており、業績は13年3月期をボトムに14年3月期は急回復へ向かおう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)