SJIが大幅5日続落、大証が監理銘柄(確認中)に指定で

 SJI<2315.OS>が大幅5日続落。大阪証券取引所が6月27日付で同社を監理銘柄(確認中)に指定したと発表したことを嫌気。SJIの香港子会社が行った貸出取引で、香港証券取引所の開示規則に抵触する不備が発生したことで現地での監査意見の表明に時間がかかっていることを受けて、13年3月期の有価証券報告書を金融商品取引法で定める提出期限の7月1日までに提出できない見込みになったと発表したため。SJIではこれに関して、「有価証券報告書については7月中旬までに提出できる見込み」としている。なお、提出期間の経過後1カ月以内までに提出できなかった場合には、上場廃止基準に該当することになる。