アルプスが反発、シティ証が目標株価を引き上げ

 アルプス電気<6770.T>が反発。この日はシティ証券が投資判断「中立」を継続しつつ、目標株価を670円から740円に引き上げたことが観測されている。同証券によると、車載関連は年を通して堅調に推移するとみるため、今期も民生向け電子部品の収益改善が焦点と指摘。その電子部品事業の第1四半期営業利益は数量ベースで計画にインライン、それに為替円安が乗ることで若干の上振れと予想しており、、第2四半期も後半からスマホ向け電子部品の受注が拡大するとみているという。これらを受けて足元のバリュエーションの低さから、短期株価は受注モメンタムを多少織り込む可能性があるとしている。

アルプスの株価は11時30分現在689円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)