瑞光が反発、オムツ製造機械の好調を見直す

 瑞光<6279.OS>が反発。中国の景気悪化による影響を懸念して6月24日の7550円からスピード調整となっていたが、1000円程度下落したことで値頃感が高まっている。東南アジアを中心にオムツ製造機械の拡大が継続し今14年2月期の第1四半期は、連結売上高59億5100万円(前年同期比32.4%増)、営業利益12億3000万円(同5.9倍)と大幅な増収増益を計上、通期予想で売上高263億1400万円(前期比19.0%増)、営業利益35億4400万円(同9.3%増)も今後の動向次第では増額が期待されるだけに好実態は見直せそうだ。

瑞光の株価は11時30分現在6570円(△160円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)