ユニチャームが反発、中国経済変調も目先買い戻し優勢に

 ユニ・チャーム<8113.T>が3日ぶり反発。中国向け売上依存比率の高さから、ここ中国経済の変調を受けて買いが手控えられていたが、きょうの上海株が高く始まり、その他のアジア株市場も総じて堅調に推移していることから、買い戻す動きが優勢となった。同社の13年4~6月の連結営業利益が、前年同期比1割増の170億円前後と見通しと第1四半期としては過去最高を更新する見込みにあると、前日に日本経済新聞などで報じられたこともあって、改めて見直し買いが入っている。

ユニチャームの株価は12時32分現在5410円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)