スパークスGが7日ぶり急反発、不動産関連投資ファンドに約23億円出資を好感

 スパークス・グループ<8739.OS>が7日ぶりの急反発。26日引け後に、子会社のスパークス・アジア・キャピタル・マネージメントを通じて、6月27日付で設定される国内籍の不動産私募ファンドに対して約23億円の出資を新たに行うと発表。これを受けて、拡大期待が高まっているようだ。

スパークスGの株価は12時38分現在1万5880円(△1230円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)