シャープが7日続落、業績計画未達懸念で売り方の回転効く

 シャープ<6753.T>が7日続落、前日比35円安の351円まで売り込まれた。毀損した自己資本の増強など本格的な経営再建には課題が多く、中期計画で示された急速な業績回復に対する未達懸念も買いを手控えさせているようだ。連日で下値を切り下げていることから、株価を下支えしていた好取組みも売り方の回転が効いており、反転のきっかけをつかめない状況になっている。

シャープの株価は13時3分現在375円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)