東亜バルが反発、電力会社の総会での「脱原発」議案否決で安心感も

 東亜バルブエンジニアリング<6466.T>が反発。26日に開催された電力各社の株主総会では、原発からの撤退など「脱原発」を求める議案が全て否決されたことから、原発再稼働へ向けての不安が後退、PWR(加圧水型)原発向け高温高圧バルブに強みを有する同社も見直す動きとなっている。株価は6月7日の1061円を下回っていないことから底打ち感も出ている。

東亜バルブの株価は14時4分現在1155円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)