アスカは13年11月期の通期業績予想を上方修正、年間配当を2円増配し9円へ

 名証2部上場の自動車部品会社アスカ<7227.NG>は27日引け後、13年11月期の通期業績予想を上方修正した。従来予想の経常利益3億8000万円を4億7000万円(前期比19.4%減)へ、純利益を2億円から2億5000万円(同8.5%減)へそれぞれ増額した。ただ、売上高181億円(同7.8%減)、営業利益2億7000万円(同41.6%減)は据え置いた。為替差益の発生により、営業外収益が当初の計画を上回ったことが寄与する。
 なお、13年11月期の配当については、第2四半期末3円、期末4円、年間配当7円を予定していたが、業績の状況を考慮して、2円増配し、第2四半期4円、期末5円、年間配当9円に修正した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)