近鉄エクスが急反発、アジア輸送網拡大報道が手掛かり

 近鉄エクスプレス<9375.T>が急反発。28日付の日本経済新聞が「10月にもシンガポールとIT機器の工場が集積する中国内陸部やミャンマーを結ぶ輸送ルートを開設する」と報じたことが買い手掛かりになっている。陸送コストは航空輸送の10分の1程度で、家電や日用品の市場が拡大するアジアで割安な物流網を構築し、顧客獲得につなげると伝えており、早期業績貢献が期待される。21日現在の信用倍率0.15倍の好取組も株価を押し上げている。

近鉄エクスの株価は9時15分現在3980円(△150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)