<前場の注目銘柄>=リコー、最新鋭3Dプリンターへ期待

 リコー<7752.T>は着実に下値を切り上げている。インクジェット印刷技術IJP法によるピエゾ(圧電)素子形成に成功、今後3年以内に実用化可能なレベルまで技術を高める方針で、まったく新しいタイプの3Dプリンター開発へ期待が高まってきた。

 シリコン基板上にピエゾ材料を描画しながらレーザー援用技術で結晶化、数百ミクロン単位のアクチュエータをつくることができ、微小エリアで変位機能が必要な画像機器やHDドライブ、ディスプレイなどMEMS分野やセンサーなど精密電子部品の制作に最適という。

 今3月期は営業2.2倍の大幅増益を見込むなど、成長軌道を確かにしており、株価も大きく居所を変えそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)