シャープが8日ぶり反発、中国でイグゾーを合弁生産

 シャープ<6753.T>が8日ぶりに反発。27日取引終了後に中国電機大手と液晶事業で業務提携、現地で最新の省エネ液晶パネル「イグゾー」を合弁生産すると発表したことが材料視されている。合弁先の現地国有企業グループに技術を供与、合弁で液晶パネル・モジュール工場を運営する計画で、同社は工場で生産した液晶パネルを購入、販売することで投資効率を高めコストダウンを図る。合弁会社の資本金は約2781億円で、同社はうち8%の約222億円を出資する。

シャープの株価は10時9分現在397円(△27円)