三信電が続伸、業績回復急で2082円の一株純資産も光る

 三信電気<8150.T>が続伸で600円台を回復。同社は電子部品商社大手で、スマートフォンなどモバイル向けの需要増で前3月期は経常利益103%増と業績急回復を果たしている。今期も主要取引先の任天堂の業績が有力ソフトの貢献で回復見通しにあり、同社にとっても追い風が強まる方向で、売上高は前期比14.9%増の1700億円、経常利益が同22.7%増の20億円が予想されている。為替の円高修正の恩恵も考慮すると、なお増額含み。ファンダメンタルズ面では2082円の一株純資産が光っており、PBRはわずか0.3倍と極めて割安なことから、継続的な買いが入り始めているもようだ。さらに同社は自社株買いにも積極的で、これも株主還元姿勢の一環として評価される。

三信電の株価は10時33分現在607円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)