商船三井など海運株が軒並み高、バルチック指数16日続伸で

 商船三井<9104.T>、日本郵船<9101.T>など海運株が軒並み買われている。ここ中国で金融システム不安など経済変調が意識されており、海運セクターもその影響を受け上値が重かったが、足もとは上海株が下げ止まりの兆しをみせるなどやや不安心理が沈静化の方向を辿っている。一方、鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況の総合的な値動きを示すバルチック海運指数は27日時点で16日続伸、1151まで戻しており、これは昨年7月10日以来の高水準。バルチック海運指数は中国の需要が大きく影響するとみられているだけに、ここ最近の戻り歩調は心理面で大きなプラス材料となっている。

商船三井の株価は11時30分現在391円(△11円)
日本郵船の株価は11時30分現在266円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)