ワコムが続伸、ペンセンサー好調で高ROEにも注目

 ワコム<6727.T>が続伸。戻り売りも厚く上値に重さはあるものの大勢トレンドは26週移動平均線を下支えに切り返しの気配だ。ペン入力のタブレットでは世界トップ。韓国サムスンなどを筆頭に他社のモバイル端末やパソコン向けペンセンサーシステム納入でも高実績を誇る。サムスン向けでは7~9月期に出荷本格化が見込まれる「ギャラクシー・ノート」の新製品用にペンセンサーシステムの高い伸びが見込まれ、現在増産準備を進めている状況だ。14年3月期は経常利益で前期比1.5倍の113億4000万円が予想されるなど業績変化率が大きい。一方でROEが19.9%とメーカーとしては非常に高いこともポイント。日本取引所グループが年内をめどに新たな株価指数を新設する方向にある中、外国人投資家が重視するROEがクローズアップされているだけに同社の注目度も高まりそうだ。

ワコムの株価は14時43分現在1100円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)