Vテクが値上がり率トップ、シャープの中国大手との液晶パネル合弁生産で需要増思惑

 ブイ・テクノロジー<7717.T>が大幅続伸で午後2時30分時点の東証1部値上がり率でトップとなっている。特に目新しい材料は観測されていないものの、シャープ<6753.T>が中国電子信息産業集団と合弁で省エネ液晶パネルの合弁生産を行うと発表していることから、シャープとの関係が深い同社にとっても、需要増につながるとの思惑が働いているもよう。株価は27日に年初来安値を更新するなど、直近で下落基調が続いていただけに、調整一巡感から見直し買いも入っているようだ。

Vテクの株価は14時55分現在23万2800円(△3万100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)