<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」3位にペプドリ

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の28日14時現在で、ペプチドリーム<4587.T>が「売り予想数上昇」で3位となっている。

 25日に発表した米製薬大手ファイザー社との共同研究開発の解消と取り引き停止を嫌気した売りが続いていたが、2日間で4割強の下げにより短期的な売られ過ぎ感も意識されるようになり、この日は自律反発狙いとみられる買いが優勢となり反発している。
 下げ止まりが意識されたことでファイザーとの契約解消に伴う影響も吟味されるようになったが、13年6月期業績への影響は軽微であり、14年6月期は売上高で2億円強の影響が見込まれている。しかし、この水準であれば予約プロジェクトや新規契約でカバーできるとの見方も出ている。
 引き続きファイザーとの契約解消による売りは懸念されるものの、この影響が一巡すればリバウンド妙味が感じられるとみた投資家も多く、こうしたことが「買い予想数上昇」でも5位に入っている要因のようだ。

ペプドリの株価は14時55分現在7130円(△880円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)