1ドル=100円回復に向けた値固めなるか

1ドル=100円回復に向けた値固めなるか
ドル/円相場は5月22日に103.73円まで上昇した後、6月13日に93.79円まで下落しましたが、本日の東京市場では一時99円台に反発するなど、7月の上昇加速に期待を抱かせる展開となっています。

本日の海外市場は、週末・月末・半期末となる事から、やや動意に乏しい展開が予想されますが、来週以降の1ドル=100円回復に向けた値固めを期待したいところです。来週7月第一週は米国の経済指標ラッシュであり、99円台をキープできていれば、5日の米6月雇用統計で1ドル=100円を突破する可能性もありそうです。

チャート面からは、13週移動平均が99.00円に位置しており、これを上抜けてクローズする事になれば来週以降の上昇機運が高まります。週足ベースの終値となる本日のクローズレートに注目です。