片倉が経皮吸収型高血圧治療剤の製造販売承認取得を発表

 片倉工業<3001.T>がこの日の取引終了後、連結子会社のトーアエイヨーが世界初となる経皮吸収型・β1遮断剤「ビソノテープ4mg」と、「ビソノテープ8mg」の製造販売承認を取得したと発表した。「ビソノテープ」はβ1遮断作用を有するビソプロロールを4mg、または8mg含有する経皮吸収型高血圧治療剤で、胸部、上腕部または背部のいずれかに1日1回貼付し、24時間ごとに貼りかえる製剤。トーアエイヨーと日東電工<6988.T>が共同開発し、製造販売をトーアエイヨーが行い、流通・販売をアステラス製薬<4503.T>が、プロモーション活動についてはトーアエイヨーとアステラス製薬がそれぞれ担当するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)