しまむらは第1四半期決算を発表、値下げ影響し営業利益7.3%減

 しまむら<8227.T>は28日引け後に、14年2月期第1四半期(3~5月)連結決算を発表。売上高は1201億7000万円(前年同期比3.8%増)となったものの、営業利益は96億200万円(同7.3%減)、となり、利益率が低下したことで減益となった。
 この背景として同社では「ゴールデンウイークなどの繁忙期に売り上げが伸びず、値引きなどを行ったことが減益の要因。また、中国などの工場からの仕入れ単価が円安の影響によりコスト高になったことが影響している。今後は商品のコントロールを行うのと、海外工場を中国からASEAN(東南アジア諸国連合)へ移転をすることで原価を下げる」(企画室)としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)