早くも〝アベノミクス相場第2幕〟の声も

日経平均も新局面へ
変わり身の早さを身上とする株式市場関係者の中からは、早くも〝アベノミクス相場第2幕〟の開幕を宣言する強気論者も出始めている。

 28日の東京株式市場は、6月末が一部外国人投資家の決算期末ということもあり、株価水準を引き上げ、期末の評価を少しでも高めたいというドレッシング(お化粧)買いも加わって、日経平均株価は463円高の1万3677円と大幅高で引けた。

 上値のフシ目となっていた6月11日高値の1万3584円や、抵抗線の25日移動平均線(1万3291円=28日)、75日移動平均線(1万3418円)を一気に突破したことで、テクニカル的にも、新局面を迎えたことになる。

 しかし、来週(1~5日)は、日銀短観、中国6月の製造業PMI、米6月の雇用統計など国内外の重要経済指標の発表が目白押しのうえに、株価水準が大幅に切り上がったことで、当然戻り待ちの売りも予想されるため、売り買い交錯が見込まれ一気に上昇加速とはなりそうもない。

 ただ、市場関係者のあいだで可能性として認識されはじめているのは「7月21日の参院選で自民・公明の与党が圧勝し、国会審議のねじれが解消されて政治の安定性が確保されること。加えて、3月期決算企業の第1四半期(4~6月)業績の好調さが認識されはじめるという2つの条件が揃えば、7月下旬から〝アベノミクス相場第2幕〟がスタートする」というものだ。

 なお、週明け7月1日の東京株式市場は、外国為替市場での円安・ドル高の追い風が予想されることもあり、日経平均株価は続伸となりそうだ。 
<トピックス>飼い主は高齢者層増加、飼育環境の変化でペット市場拡大
 国内ペット関連市場は1兆円を大きく上回る巨大市場で、今後も安定成長が期待できそうだ。現在、犬・猫合わせた飼育数は、約1500万世帯2150万頭と、3世帯に1世帯までの拡大をみせ、平均寿命も、犬14歳、猫14.5歳と長寿命化している。

 ペット市場というと、小学生の子供を持つ世代を想像しがちだが、実際には60歳代以上の飼い主の比率が拡大している。したがって、超高齢化社会の到来は、ペット市場の拡大を促進する。

 また、ペットの小型化、室内飼育化、長寿命化、肥満化、健康志向の高まりといった飼育環境の変化も市場拡大要因となる。今後はペット保険、ペット葬儀サービスの需要増も見込まれる。

 個別銘柄では、ユニ・チャーム<8113>が子会社で順調に業績を拡大。犬種別半生タイプフードや、猫の嗜好性の多様化と健康志向に応える商品が好調な推移。トイレタリーでは、気になる臭いを香りで消臭する「マッチング消臭技術」を用いた「消臭シート」がヒット。

 エコートレーディング<7427>は、ペット用品の卸、ペットフードが主力の専業大手。ペット情報の総合サイト大手の「ペットペット」を譲り受け展開。リックコーポレーション<3147>は、岡山地盤にホームセンターとペット店を展開。

 LPガス、輸入車販売が主力のサーラコーポレーション<2734>は、提案型営業の強化でペット向け医薬品販売が増加。ペットフードでは日本製粉<2001>、日清製粉グループ本社<2002>の製粉会社が強みを発揮している。

◆主なペット関連銘柄の業績と株価

銘柄(コード) 今期営業増益率  PER   株価

日本粉<2001>   13.2  10.9   475
日清粉G<2002>   9.0  17.3  1115
サーラ<2734>   15.9  15.4   503
リック<3147>   13.7  13.2   417
エコーTD<7427> 16.1  12.9   775
ユニチャム<8113> 17.7  29.9  5380

※株価は26日終値。単位:%、倍、円