ケイヒンが動意急、東京オリンピック関連として注目

 ケイヒン<9312.T>が動意急。割安感の強い低位材料株として市場関係者の間でにわかに注目を集めている。2020年のオリンピック招致に関し、国際オリンピック委員会(IOC)が6月25日に公表した現地調査の評価報告書によると、東京は輸送能力や過去の国際大会の開催実績、良好な治安などから「安全、安心、確実」な運営を実現する都市力や財政力で高評価を獲得している。これを受けて、「都心に土地などの含み資産を持つ関連企業が再び注目される流れにある」(市場関係者)という。その中、同社は東京港区に本社を構え、総合物流準大手に属する倉庫株として、「オリンピック招致で含み関連の要注目株として浮上」(同)しているもようだ。もとよりPBRは0.8倍台と指標面で割安感が強く、株価の値ごろ感と合わせて上値期待が膨らんでいる。

ケイヒンの株価は11時4分現在171円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)