日本オラクルは安い、大和証は「3」に格下げ

 日本オラクル<4716.T>は安い。大和証券は6月28日、同社の格付けを「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」に引き下げ、目標株価は3740円に置いた。27日に発表した2013年5月期の連結業績は売上高が1531億4800万円(前の期比7.2%増)、営業利益は426億7300万円(同5.5%増)だったが、会社側の従来見通し(それぞれ1644億円、446億円)は下回った。ハードウェア・システムズ事業の売り上げ未達が主な要因だが、この要因として同証券では「クラウド技術によるシステム所有から利用への流れがある」と分析。この業績未達もあり、格付けを引き下げている。
 ただ、「潤沢なIT投資需要の恩恵を受け増収増益は持続する」とみているほか、関連セクターの株価は春先から晩秋に向けて上昇する季節性もあり、「株価の下げ余地は限定的」とも指摘している。

日本オラクルの株価は11時28分現在3995円(▼120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)