都競馬が急伸、土地含み関連として買い流入

 東京都競馬<9672.T>が急伸。含み資産関連株としての側面が再注目されている。同社は、同社の倉庫用地と隣接する東京都品川区勝島の倉庫・土地を150億円で取得しているが、これを活用することで中期経営計画に掲げる倉庫賃貸事業の競争力強化が図ることが可能となる。また、この土地取得はもう一つの切り口として買いを誘っているようだ。2020年のオリンピック東京招致の可能性が徐々に高まる中、「都心に土地などの含み資産を持つ関連企業の一角として改めて注目されている」(中堅証券)という。きょうは国税庁から平成25年分の路線価格が公表されていることも刺激材料となっているもようだ。

都競馬の株価は11時30分現在366円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)